こんにちは!

今週のブログですが

ガンになる!?ならない!?

よくガンになる人は2人に1人と聞いたことないですか??

全世代を平均化すると確かに2人に1人になっていますが

ガンになってしまう方の割合で多いのは

女性が30代から

男性が50代から

が多くなっています。


女性は妊娠を経験してからが多く、男性は膀胱関係が多くなっているようです。

性別によってかかる部位なども違ってきます。

まずガンになってしまわない為の行動ですが・・・

こういった規則正しい生活が必要になってくるんですね。

しかしガンになる可能性は0ではありません。

もし明日にでも検査等によってガンの宣告を受けてしまった場合

本人もしくは家族はどう対処すればいいでしょうか?

最近の医学の進歩はものすごい勢いで進歩しています。

手術の技術の向上、免疫療法の発展など多くの方の治療に役立ち早期の発見や職場復帰も可能になっています。

しかしすい臓がんのように確認が難しい部位も存在します。

その時に選ぶ治療方法は???

入院ができる?できない?

通院はどうする?

多くの悩みが出てきます。

最も多くの悩みは治療に対しての金銭的な問題です。

高額医療制度がある??

保険料3割負担???

治療に対して必ず金銭問題がでてきます?

そして欠かせないものとして医療保険、がん保険が出てきます。

ガン保険に対しては

昔はがん診断保険金が1回のみの会社もありましたが・・・

今は複数回が基本になっています。

そして入院+一時金の会社もあれば

一時金に特化した会社もあります。

治療法は多岐に分かれますが、『ガンと診断されました』というのは変わりません。

という事は・・・

がん診断の一時金が今後は必ず必要になってくると考えます。

入院が短期化する傾向や治療法が多岐にわたる傾向

色々な傾向がありますが、一時金があれば対応可能な選択肢も増えます。

今週も最後までありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。